コップと手のひらの薬

すぐに効果はでるの?

ミノキシジルを使い始めてから実際に発毛効果を実感するまで、どれくらいの時間がかかるのか?ミノキシジルを使ったことがない人のために、使用期間の話や注意してほしいことなどをここで解説していきたいと思います。

手のひらの薬

塗る方法以外にも

実際にミノキシジルには、塗るタイプだけではなく飲むタイプも存在しています。飲むタイプの方は塗るタイプと比べてもあまり有名ではありませんが、こちらの方が効くという人も結構いるみたいです。

ミノキシジルの歴史

黄色の薬

薄毛の治療に有名な「ミノキシジル」ですが、どのように開発されたものなのか知ってますか?
ミノキシジルはもともとは血圧を下げるための薬として開発が進められていました。
しかし、実際に患者さんにミノキシジルを飲んでもらうと、ほとんどの患者さんに「多毛症」が見られるようになったのです。
多毛症というのは要するに全身が毛深くなることをいいます。
この状態を見た医者はミノキシジルが育毛剤として使えるのでは?という考えにたどりつくことになりました。

そこから今度はベニガオザルといわれる男性脱毛症になるサルを使ってミノキシジルの実験が開始。
実際にミノキシジルをサルの前頭部に塗ってみると、そこからなんと発毛が見られるようになったのです。
しかも毛乳頭や毛母細胞といった部分も大きくなったことが判明しました。
人間でも同じように臨床実験がおこなわれるようになり、その結果アメリカでミノキシジルが2%含まれる「ロゲイン」という薬が発売されるようになりました。

ロゲインという薬はアメリカの食品医薬品局が初めて発毛効果を認めたものとなり、実際に売られ始めてからは爆発的な人気が出たようです。
そしてそんな噂を耳にした日本人は、個人でアメリカからロゲインを輸入するようになりました。

ちなみに日本では現在大正製薬からリアップという商品が販売されていますが、リアップはロゲインと同じ製法で作られているので、含まれている濃度以外の面では同じようにできています。

白衣の男性

記事一覧

「今ではミノキシジルが、AGA治療に最適な成分だと断言します」の記事一覧です。」